2008/11/12

資本減少・組織変更に対する異議

最近、消費者金融会社による「資本減少」や「組織変更」が、あいついで行われようとしているようです。
何らかのメリットがあってのことなのでしょうが、現に過払金の返還を請求している、あるいはこれから過払金の返還を請求しようとする顧客の立場からは、むやみに資本減少や組織変更が行われることは、場合によると相手方の保有資産の減少や支払い能力の低下につながりかねないという側面もあります。
そこで、「会社法」という法律では、会社が資本減少や組織変更をするには、債権者(つまり過払金の返還を請求している顧客)に異議を述べる機会を与えたうえで、異議を述べた債権者に対しては、個別に弁済するか、担保を提供するなどの措置を講じなければならないと規定し、債権者の保護を図っているわけです。
異議を述べる様式には、とくに決まりはありませんが、証拠を残すため、配達証明付きの内容証明郵便で通知すべきであると思われます。
参考までに、異議通知書の文例を以下に掲げておきます。
(なお、下記文例は私が現時点で知りえた情報をもとに、自分なりに勝手に作り上げたものに過ぎませんので、くれぐれも鵜呑みにせず、自分なりにアレンジしてから使用されますようお願いいたします。

 * * * * *

        異議通知書

                 平成 年 月 日

東京都○区○丁目○番○号
○○株式会社
代表取締役 ○○殿

        住所
           氏名   印

 私は、貴社の債権者として、以下のとおり通知します。
 平成 年 月 日付官報により公告された、貴社の組織変更および資本減少に対し、会社法449条1項および同法779条1項に基づき異議を述べます。
 つきましては、同法449条5項および同法779条5項に基づき、私が貴社に対して有する債権たる過払金○円及びこれに対する平成 年 月 日から支払い済みまでの年5分の割合による金員(訴訟係属中の場合は事件番号を記載)を、直ちに弁済してください。
 本通知にもかかわらず、貴社が私への弁済を怠り、なおかつ弁済に代わる何らの措置も講じないまま組織変更および資本減少を行った場合には、法令違反による貴社の責任を追及せざるを得ません。
 以上、本書面をもって通知いたします。

 * * * * *

↓管理人のホームページはこちら。
小口一成司法書士事務所

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2008/11/05

ヤミ金融撃退マニュアル 12

2 個別請求による場合

 「振り込め詐欺救済法」に基づく被害の回復は、特定の預金口座ごとに被害者を募り、期日までに申し込みを行った被害者に対し、各々の被害金額の割合に応じて、当該預金口座に残存するお金を、按分して分配するものです。したがって、当該預金口座の残高が、募集に応じた被害者らの被害総額に満たない場合には、被害者らには被害額の一部のみが分配されることになります。
 そのため、相談者(被害者)が、そもそもそのような手続き(他の被害者とのパイの分け合いを想定した手続き)を望んでおらず、あくまでも被害額の全額について回復をはかりたいという場合には、「振り込め詐欺救済法」によらず、通常の方法により、個別に請求することになります。具体的には、相手方であるヤミ金融に対して直接不当利得返還請求または損害賠償請求を行い、これに応じなければ民事訴訟を提起し、債務名義を取得したうえで相手方の財産(判明している預金口座など)の差押えを行い、回収をはかることになります。その際、相手方の財産の散逸の恐れが大きい場合(ほとんどの場合においてその恐れは大きいと思われます)には、相手方の財産の仮差押え等も検討する必要があります。いずれにせよ、個別請求による場合には、相手方の逃亡や財産の散逸の恐れが大きいため、スピーディーな対応が必要となります。
 以前は(私の感覚では5年ほど前までは)、相手方が個別請求に慣れていなかったせいもあり、この方法(個別請求)による被害回復が成功することもありましたが、最近では、この方法(個別請求)による被害回復はきわめて困難となってきています。
 したがって、今後は先述の「振り込め詐欺救済法」に基づく被害者への分配手続きを大いに活用することで、被害回復が促進されることが期待されます。
(了)

↓管理人のホームページはこちらです。
長野県 松本市 小口一成司法書士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/11/04

ヤミ金融撃退マニュアル 11

第4 被害の回復

1 被害回復分配金の請求による場合

 ヤミ金融や振り込め詐欺の被害に遭い、振り込んでしまったお金を取り戻すための手続きについて定めた新しい法律(いわゆる「振り込め詐欺救済法」)ができました。詳しい手続きについては、「預金保険機構(よきんほけんきこう)」のホームページの「振り込め詐欺救済法に基づく公告」(http://furikomesagi.dic.go.jp/)を参照してください。
 現実の対応としては、ヤミ金融に振り込んでしまったお金を何とかして取り戻したいという方は、ふだんから上記ホームページの公告をまめにチェックしておくことをお勧めします(例えば毎日、あるいは毎週1回はチェックするというふうに決めて)。キーワード等による検索機能もついているようですので、預金口座のチェックは簡単に行うことができます。
 そして、自分がヤミ金融からの指示でお金を振り込んでしまった預金口座が公告に掲載された場合には、決められたスケジュールと手続きにしたがって、被害回復分配金の請求を行うことができます(前述の金融機関への情報提供を自ら行っていなくとも、他の被害者からの情報提供等によって該当の預金口座が公告に掲載される可能性がありますので、その意味でも公告の定期的なチェックは重要です)。
 司法書士や弁護士を代理人として請求することもできますが、被害に遭われた本人が直接請求することも可能です。
 被害者あるいは相談者がインターネットを閲覧できる環境にある場合には、上記手続きについて説明してあげるとともに、上記ホームページの公告を定期的にチェックするよう助言してあげるとよいでしょう。
(つづく)

↓管理人のホームページはこちらです。
長野県 松本市 小口一成司法書士事務所

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/21

ヤミ金融撃退マニュアル 9

(3) 相手方がヤミ金融であることが明らかな場合
 相談者からの聴き取りと、振込みの控えなどから、相手方がヤミ金融であることが疑いようもなく明白な場合には、以上のような通常の受任通知ではなく、下記のような特別の通知を使用してもよいと思われます(ヤミ金融に支払ってしまった金員を回収する方法については後であらためて説明します)。
 通常の受任通知を送付したとしても、こちらからの求めに応じてヤミ金融が取引履歴や契約関係を証する書類を送付してくることはほとんどありません。相手方がそれらを送付してこない以上、こらちから連絡する必要はありません。その場合には、後に述べる方法に従って、支払ってしまった金員の回収のみを粛々と行います。
 相手方が取引履歴や契約関係を証する書類を送付してきた場合には、相談者から聴き取った内容や振込みの控えなどと照らし合わせます。その上で、あらためて下記のような通知を送付するようにします(このマニュアルは、相手方がヤミ金融であることを前提としていますので、その意味では相手方がどんな書類を送付してきたとしても、その後の対応には変わりはありません)。
 いずれにせよ、本人には、今後、ヤミ金融に対しては何があっても絶対に支払いをしないよう伝えるとともに、しばらくはヤミ金融からの嫌がらせが続くかもしれないが、そのような嫌がらせはいつまでも続くわけではなく、ある程度の期間が過ぎれば必ず鎮まるものであることを伝え、励ましてあげるとよいでしょう。

*  *  *  *  *

(ヤミ金融への通知例)

      通 知 書

○ ○ 殿

       住 所 ○○県○○市○番○号
       氏 名     ○   ○    印

    〒   -     ○○県○○市○番○号
                ○○司法書士事務所
    上記代理人司法書士 ○   ○  印
         電 話
          FAX

1 貴殿は、違法な高金利で金員を貸し付け、違法な高金利を要求しています。これらの行為は「出資の受け入れ、預かり金及び金利等の取り締まりに関する法律」及び「貸金業法」に違反し、「10年以下の懲役もしくは3000万円以下の罰金に処し、又はこれが併科」される犯罪に該当します。よって直ちにこれらの違法な行為を中止するよう通知いたします。
2 貴殿と私との金銭消費貸借は公序良俗に反し無効であることから、貴殿には私に対する貸金返還請求権はありません。また、貴殿から私への金銭の給付は不法原因給付に該当するため、貴殿には私に対する不当利得返還請求権もありません。よって今後は貴殿に対する一切の支払いを拒否します。
3 私が貴殿に対し支払った金員は不当利得に該当するため、その全額の返還を求めます。つきましては、私が貴殿に支払った金額の全額である○○円を、すみやかに下記口座にお振り込みください。
4 本通知にかかわらず、貴殿が不当利得の返還に応じない場合、あるいは私への請求を継続された場合には、刑事告訴を含む断固とした措置を取ります。

返金先口座(注)
   ○○銀行○○支店 普通預金 口座番号○○
   口座名義○○

*  *  *  *  *

注:後日、相談者が再びヤミ金融との無用なトラブルに巻き込まれることを避けるため、返金先の口座は相談者自身のものではなく、代理人たる司法書士の口座を指定することが望ましいでしょう。

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/18

ヤミ金融撃退マニュアル 8

第3 受任後の事務(注:ここから先の内容は、一応司法書士や弁護士による「受任」が前提となりますが、対応の仕方という意味で、それ以外の方にとっても参考にしていただけるものと思われます。)

1 相手方たるヤミ金融への通知(電話を含む)

(1) 相手方の住所またはFAXがわかる場合
 →受任通知を書面で送付または送信する。文面は通常の債務整理に使用するものと同様のものでよい。

(2) 相手方の電話番号しかわからない場合
 →とりあえず電話をかける。
 →「司法書士の○○ですが、△△さんの件で、受任通知を送りたいので、住所またはFAX番号を教えてください」と告げる。
 →相手方が素直に教えてくれた場合は書面で受任通知を送付または送信する。
 →素直に教えてくれない場合は、最低限次の点を相手方に告げた上で電話を切る。
 ・当職は司法書士であり、相談者からの債務整理の依頼に基づき、同人の代理人として電話をしていること
 ・当職が相談者から聴取した限りでは、貴殿と相談者との契約関係が明らかでなく、相談者の貴殿に対する金銭の支払い義務の有無および範囲を確定することができないこと
 ・当職は司法書士として、貴殿と相談者との契約関係を確認する義務があること
 ・したがって、本来は文書により受任通知を送付すべきところ、貴殿の住所もFAX番号も不明であるため、この電話により、口頭で以下のとおり通知する

 「貴殿と相談者との契約内容を証する書面および貴殿と相談者との取引経過を記載した書面を、当職宛に送付されたい
  貴殿と相談者との契約内容を確認したうえで、当職より債務整理の方針を決定し、貴殿に連絡するので、それまでは相談者に対する一切の督促および連絡をしないこと
  言うまでもないことであるが、相談者以外の者に対する一切の請求および連絡をしないこと」

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/10/01

ヤミ金融撃退マニュアル 7

5 着信拒否設定または迷惑電話撃退サービスの利用

 ヤミ金融からの嫌がらせの99%以上が電話によるものであることから、可能であれば、「電話番号を変えてしまう」のが一番てっとり早く、かつ有効な対処方法です。
 さまざまな理由から、電話番号を変えることが難しい場合であっても、携帯電話や、ナンバーディスプレイ対応の固定電話であれば、「着信拒否設定」をすることで、ヤミ金融からの電話を入り口の段階でシャットアウトすることができます。相談者がそのような機能を知らない場合もあるので、わかりやすく、丁寧に説明してあげるとよいでしょう。
 電話番号を変えることができない場合であって、かつ、ナンバーディスプレイに対応していない固定電話の場合であっても、たとえば相談者の実家などであれば、ヤミ金融からの電話がしつこくて困るというのであれば、「しばらくの間電話機のコードを抜いておく」というのも、一つの有効な対処方法です。
 そうした対応が困難な場合(例えば相談者の勤務先等にかかってくる電話の場合)には、NTTなどが提供している「迷惑電話撃退サービス」を利用する方法があります。このサービスを利用するためには、一ヶ月あたり数百円程度の手数料が必要となりますが、長期に渡って必要となるわけではなく、とりあえず最初の一ヶ月か二ヶ月程度に限って利用し、必要がなくなればサービスを解除すればよく、これも一つの有効な対処方法です。
 「迷惑電話撃退サービス」の詳細については、NTTのホームページを参照するか、「116」に電話して尋ねれば教えてもらえます。なお、当然のことながら、NTTにサービスの内容を問い合わせたり、サービスの申し込みを行ったりするのは、相談者自身(もしくは勤務先の会社)が行うべきことであり、司法書士(あるいは相談を受けている立場の方々)の役割は、あくまでも情報提供と助言にあることを付け加えておきます。

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/22

ヤミ金融撃退マニュアル 6

4 想定される「嫌がらせ」の説明と対処方法

 ヤミ金融は、自らの請求に法的根拠が無いことを承知のうえで、それでもあわよくば何とか支払いをさせようと、あの手この手を尽くします。
 そもそも法的に支払いを求める根拠が無い以上、相談者自身が「何があっても今後は絶対に支払いをしない」と堅く心に誓い、そのとおりに行動することができれば、ヤミ金融としてはもはやどうすることもできないということになります。
 しかしながら、相談者は頭ではそのように理解していても、実際にヤミ金融から想定外の嫌がらせを受けると、そのこと自体に驚き、冷静さを失い、不安にかられるものです。
 そこで、予め、想定される、ありとあらゆる「嫌がらせ」とそれに対する対処の仕方を相談者に説明しておくとよいでしょう。具体的には、「こんなこともあるかもしれませんし、あんなこともあるかもしれません。でもだからといって相手の要求に応じて支払いをしてしまっては、それこそ相手の思う壷なんですよ。みんながんばって乗り切っているんですから、あなたもがんばって乗り切らなければいけないんですよ。私たちもがんばりますから、一緒にがんばりましょうよ。」と説明しておくとよいでしょう。

(想定される嫌がらせの例と対処方法)
・頼んでもいないのに出前のすしが届いた→頼んでいないのであれば、「頼んでいません」と言えばよい。
・頼んでもいないのに宅配ピザが届いた→同上。
・勝手に消防車を呼ばれた→どうしようもないが、少なくとも相談者は何も悪くない。ひどい場合は警察に被害届を出す。
・近所に電話をされた→同上。
・近所に張り紙をされた→同上。
(他にもあるかもしれませんが、基本的には上記と同様に対応すべきです。)

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/09

ヤミ金融撃退マニュアル 5

3 家族、勤務先等への説明の仕方

 ヤミ金融による督促(それは正当な督促ではなく、単なる「嫌がらせ」と評価すべきである)は、ほぼ99%、電話によるものです。
 相談者は、自分への電話はともかく、家族や勤務先に電話がかかってくることを極度に心配し、恐れています。
 相談者が、自分以外の者の電話番号を相手方であるヤミ金融に知らせているか、知らせているとすれば、具体的に誰の電話番号を知らせているかを確認します。
 その上で、今後はどんなことがあっても絶対にヤミ金融に対して支払いをしてはならないことを伝えるとともに、そのような対応をとっていくことの反射的効果として、間違いなくヤミ金融は、相談者から聴いて把握している電話番号には、片っ端から電話をかけて、嫌がらせをしてくるであろうことを、予め伝えておきます。
 その上で、相談者には、今後、電話がかかってくることが予想される家族や勤務先に対しては、以下のとおりきちんと説明するよう、アドバイスすべきです。

 ① 自分はヤミ金融の被害に遭っており、司法書士に相談中であること(注:弁護士や司法書士に限らず、消費生活センターや警察、あるいは家族に相談中であればその旨)
 ② 司法書士から、今後相手方に対して一切の支払いをしないようアドバイスされていること(そのようなアドバイスを受けていない場合には、自分の意思に基づいて今後は一切の支払いをしない旨)
 ③ 今後、問題解決のために真剣にかつ誠実に対応し、努力していく所存であること
 ④ 今後、ヤミ金融から、もっぱら『嫌がらせ』を目的とした電話がかかってくることが予想されること
 ⑤ その際に、家族や勤務先はそもそも無関係であり、相手方に対して何らの義務を負っているわけではないので、迷惑だと感じたら、理由を説明するまでもなく、「今後は一切電話をかけてこないでもらいたい」と相手方にきちんと、はっきりと伝えるべきであるとともに、実際にもそのように対応してほしいこと
 ⑥ そのように伝えたにも関わらず、相手方が言うことを聞かず、繰り返し電話をかけてくるような場合、それはもはや刑法上の犯罪(威力業務妨害罪等)に該当することから、直ちに警察に相談すべきであり、実際にそのように対応してほしいこと

 以上のとおり、相談者からきちんと説明させるべきです。
 なお、必要に応じてですが、家族や勤務先にも、後述する着信拒否設定や迷惑電話撃退サービスなどを利用してもらうというのも一つの方法です。

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/08

ヤミ金融撃退マニュアル 4

2 相談者への説明

 相談者に対しては、「以上の理由により、相手がヤミ金融であれば、今後は元金も含めて一切の支払い義務は無いのだ」ということを、時間をかけて、じっくりと説明します。
 たとえ相談者が、ヤミ金融からお金を借りて、まだ1円も返済していないとしても、やはり返済義務が無いのだということを、しっかりと説明します。
 たとえ相談者が、「そうは言われても元金ぐらいは・・・」などとつぶやいたとしても、法律家である我々は、あくまでも毅然とした対応を貫くべきです(注:司法書士向けに作成した文章が元になっているため、「法律家である我々は」という表現が使われていますが、法律家であろうとなかろうと、このように毅然とした対応を貫くべきであることに何ら変わりはありません)。
 必要に応じて、最高裁平成20年6月10日判決の内容を示すなどして、それこそ噛んで含めるように説明します。
 ここで何より重要なのは、相談者自身に、①自分はヤミ金融という犯罪の被害者であるということ、それゆえに、②ヤミ金融業者=犯罪者に対しては一切の支払いをしてはならないこと、③借りたお金は返さなければならないなどという論理で犯罪者に金品を提供することは、将来の犯罪に手を貸すことにもつながるのだということを、心の底から理解させることなのです。

(つづく)

長野県 松本市 小口一成司法書士事務所ホームページへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/09/04

三菱UFJニコスとの電話会議

先日、某簡易裁判所において、三菱UFJニコスとの電話会議を行いました。
電話会議というのは、裁判上の手続きの一つで、当事者が遠方にいるなどの理由から裁判所への出頭が困難な場合に、和解や争点の整理を目的とした話し合いを、裁判所の部屋に備え付けられた電話会議システムを利用して行うものです。
今回の裁判は、三菱UFJニコス(もと日本信販)からお金を借りて、返済を続けてきた結果、過払いとなっていることが判明したため、過払金の返還を求めて訴訟を提起したものです。
いつものことですが、三菱UFJニコスに対しては、訴訟を提起する前に過払金の返還を請求しましたが、当方からの請求に対して、返金はおろか、何らの回答もいただけなかったため、やむを得ず訴訟を提起するに至ったものです(このようなケースは常態化しているといえます)。
当方の計算によると、このケースにおける三菱UFJニコスに対する過払金額は、8万8000数百円ほどでありました。
電話会議の前日、三菱UFJニコスの代理人を務める弁護士から、私の事務所にFAXが入りました。
それによると、準備書面の中で、一応、悪意の受益者であるという点については争うとしながらも、和解の提案として、概ね、悪意の受益者による5%の利息を付加した過払金額から、1000円未満の端数を免除していただき、88000円で和解に応じていただきたい、ということでした。

そして電話会議当日。
まず、裁判所の書記官が、三菱UFJニコスの代理人弁護士の事務所に電話をつなぐところから手続きが始まります。
相手方弁護士が電話口に出ると、裁判官が、弁護士と二言三言、言葉を交わした後、相手方弁護士に対し、「つまり、先生の提案は88000円ということですね」とたずね、相手方弁護士は、「そのとおりです」と答えました。
つづいて裁判官が私に、「原告代理人、いかがですか」とたずねてきました。
私は、相手方弁護士に対し、次のように伝えました。
「先生からお示しいただいた和解案については、一定の理解はできます。しかしながら、この案に応じることはできません。なぜならば、第一に、悪意の受益者性については、現在では、訴訟上および訴訟外を問わず、これを認めた上での解決が一般化しており、本件においても、この点について譲ることはできません。第二に、本件については、毎度のことですが、訴訟の前に(すでに昨年の段階で)、過払金の返還を請求しているにもかかわらず、返金はおろか、何らの回答もいただけなかったために、やむを得ず訴訟を提起することになったものです。そうである以上、少なくとも、最終取引日以降の経過利息はもちろんのこと、訴状に貼り付けた印紙代、訴状送達に要した送達費用、および資格証明書取得費用を付加した金額でなければ、応じることはできません。それらを付加した金額から、1000円未満の端数をカットすると94000円になりますので、その金額であれば和解に応じたいと思います」
そのように伝えたところ、相手方弁護士は、「94000円ですか・・・。92000円まででしたら会社から枠をもらっているので和解が可能なのですが・・・」と言います。
私は、「これまでの経緯からして、92000円では応じることができません。あくまでも94000円が最低条件です」と伝えました。
すると裁判官が、相手方弁護士に対して、「どうですか。ここは先生のお力で、94000円で何とか和解になりませんかね」
とたずね、相手方弁護士は、しばらく思案した後、「わかりました。その金額で応じさせていただきます」
と答え、当日、94000円で和解が成立しました。

88000円と94000円。たかが6000円しか違わないじゃないか、といってしまえばそれまでですが、私はこの6000円の違いは大きいと思います。
私がここで訴えたいのは、金額の話しではなく、「こんなやりとりが、裁判所と弁護士、それに司法書士という法律家たちの間で、当たり前になっているようではいけない!」ということです。
貸金業者は、お客さんからもらい過ぎた過払金がある以上、直ちにこれを返金しなければならない。こんなことは当たり前の話しです。
それなのに、訴訟が起こされない限りは知らんぷりを決め込み、実際に訴訟が起こされて初めて、やっと重い腰を上げ、しぶしぶ返金に応じてくる。過払金請求に対する反論があるのならまだしも、さしたる反論もないのに、そのような対応が当たり前になってしまっている。
そして当事者だけでなく、それに関わる弁護士や司法書士、裁判所も、そうした流れにすっかり慣れきってしまっているとしたら・・・。
こんなことをいつまでも続けていてはいけないと思います。
ことに、今回の相手は、わが国の信販・貸金業界を代表する大企業なわけですから、今回のような対応が当たり前になっているとしたら、それは大きな問題であると思います。
みなさんはどう思いますか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

お金のトラブル解決セミナー ウェブログ・ココログ関連 カレンダー クレジット・サラ金問題 ニュース ポルトガル語日記 ヤミ金 ヤミ金融撃退マニュアル 不動産担保ローンと任意整理 不当利得返還請求訴訟 中国語フレーズ集 中国語日記 仮処分手続きの整理 債権差押えの書式など 出会い系サイト 動画 一日一言 ポルトガル語 動画 一日一言 中国語 動画 一日一言 日本語 動画 一日一言 英語 動画 一日一言 韓国語 司法書士のための債務整理入門 司法書士のための債務整理入門 各論1 任意整理 司法書士のための債務整理入門 各論2 過払金返還請求 司法書士のための債務整理入門 各論3 破産 司法書士のための債務整理入門 各論4 振り込め詐欺・買取屋への対応 推定計算 提訴前の照会・証拠収集処分 改正司法書士法によるクレサラ執務 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 未成年の法律教室 本人訴訟 次々販売 法律 法律扶助の活用法 法律扶助を活用しよう! 法律教室 講義用原稿 消費者問題 消費者契約法 消費者被害救済 消費者被害解決事例 滞納処分への対応 災害時の法律相談 特定調停 簡易援助活用マニュアル 総合法律支援法 自己破産と個人再生 英語日記 訴訟費用 過払訴訟の論点 過払金返還請求と損害賠償請求 障害者自立支援法 韓国語フレーズ集 韓国語日記 CFJとの戦い方