2008/08/26

滞納処分への対応

多重債務を抱え、自己破産して免責決定を受けたとしても、税金の滞納分については免責されないこととされています。
今まで私は、相談者に対して「破産したとしても税金は免責されませんよ」としか助言していませんでした。
しかし、現に租税の滞納による差押え等の処分を受けているような場合、それによって十分な収入が得られず、生活の建て直しが阻害されているとすれば、単に「免責されません」で済ませてしまうだけでは根本的な解決にならないのも事実です。

昨日、たまたま税金問題に詳しい方から、生活に支障をきたすような滞納処分がなされている場合には、税金だからとあきらめてしまわずに粘り強く交渉することが大事であるとのお話しをお聴きしました。
その際、やみくもに交渉するのではなく、きちんと法令上の根拠を示しながら交渉しているとのことでした。
具体的には下記の法令などが根拠となるようです(他にもあるようですが・・・)。
恥ずかしい限りですが、私はこれまでこのような条文があること自体知りませんでした・・・。
今後の仕事に活かしていきたいと思います。

国税通則法46条(納税の猶予)、地方税法15条(徴収の猶予)
→これらの条文を根拠として、差押えがなされることを防いだり、現になされている差押えの解除が認められる場合もあるようです。

国税徴収法151条、地方税法15条5項(換価の猶予)
→事業の継続、生活の維持を困難にする恐れのある財産の差押えについては、猶予または解除が認められる場合があるようです。

国税徴収法153条、地方税法15条7項(滞納処分の執行停止)
→3年間の継続等の事由により、納税義務自体が消滅する場合があるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

お金のトラブル解決セミナー | ウェブログ・ココログ関連 | カレンダー | クレジット・サラ金問題 | ニュース | ポルトガル語日記 | ヤミ金 | ヤミ金融撃退マニュアル | 不動産担保ローンと任意整理 | 不当利得返還請求訴訟 | 中国語フレーズ集 | 中国語日記 | 仮処分手続きの整理 | 債権差押えの書式など | 出会い系サイト | 動画 一日一言 ポルトガル語 | 動画 一日一言 中国語 | 動画 一日一言 日本語 | 動画 一日一言 英語 | 動画 一日一言 韓国語 | 司法書士のための債務整理入門 | 司法書士のための債務整理入門 各論1 任意整理 | 司法書士のための債務整理入門 各論2 過払金返還請求 | 司法書士のための債務整理入門 各論3 破産 | 司法書士のための債務整理入門 各論4 | 振り込め詐欺・買取屋への対応 | 推定計算 | 提訴前の照会・証拠収集処分 | 改正司法書士法によるクレサラ執務 | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 未成年の法律教室 | 本人訴訟 | 次々販売 | 法律 | 法律扶助の活用法 | 法律扶助を活用しよう! | 法律教室 講義用原稿 | 消費者問題 | 消費者契約法 | 消費者被害救済 | 消費者被害解決事例 | 滞納処分への対応 | 災害時の法律相談 | 特定調停 | 簡易援助活用マニュアル | 総合法律支援法 | 自己破産と個人再生 | 英語日記 | 訴訟費用 | 過払訴訟の論点 | 過払金返還請求と損害賠償請求 | 障害者自立支援法 | 韓国語フレーズ集 | 韓国語日記 | CFJとの戦い方