« 연휴 마지막 날 | トップページ | 하루를 소중히 »

2018/01/03

日系四世のための新たな就労ビザ

今朝のJAPANTODAYからの引用です。日本語訳は管理人が付けました。

The government is set to introduce a new residence status this year that will allow fourth-generation Japanese living abroad to work in the country, according to a Justice Ministry source.

法務省によると、今年政府は新しい在留資格を導入することにした。海外居住の日系四世外国人が国内で働くことを認めるものだ。

It expects several thousand youths with Japanese roots from countries like Brazil and Peru who fulfill certain requirements to enter the country annually. Many Japanese immigrated to Latin America in the 19th and 20th centuries.

ブラジルやペルー出身の日本にルーツを持つ数千名の若者が、要件を満たして毎年入国してくることが予想されている。

The government hopes the program will help develop an improved relationship between Japan and the participants' home countries but concern remains some may be exploited as cheap labor.

政府はこのプログラムが日本と参加者の祖国との関係改善の発展を助けることを期待しているが、彼らが安い労働者として搾取される懸念も残されている。

The government plans to introduce the system by the end of March at the earliest after taking public input, the source said.

政府は国民の意見を聞いた後、早ければ3月末までの制度の導入を予定している。

Those eligible for the program are aged 18 to 30 and should be able to understand conversational Japanese equivalent to the "N4" level under the Japanese-Language Proficiency Test.

このプログラムの対象者は、18才から30才までで、日本語能力試験4級に相当する日本語会話を理解できなければならない。

They can stay in Japan for up to five years under the program, with their status renewed every year if their level of Japanese meets improvement benchmarks.

このプログラムのもと、日本語レベルが改善基準を満たせば在留資格は毎年更新され、最長5年日本に滞在することができる。

Participants in the program will not be allowed in principle to be accompanied by family and will be required to have some support from relatives, a host family or an employer in Japan.

このプログラムの参加者は、原則として家族を同伴することは許されず、親戚、ホストファミリー又は雇用主からの一定の支援を受けることが求められる。

The number of Japanese Brazilians and Japanese Peruvians in Japan declined from 364,000 in 2007 to around 222,000 in 2016, with critics blaming the global financial crisis in 2008 and the massive earthquake and tsunami in northeastern Japan in March 2011 for reduced employment opportunities.

日本国内の日経ブラジル人と日経ペルー人の数は2007年の364000名から2016年の222000名まで減少した。これに対しては2008年の世界的な金融危機と2011年の日本の東北地方の大地震と津波に起因する雇用機会の減少によるものだとの批判もある。

Currently, second- and third-generation Japanese immigrants can stay long-term and work freely after meeting certain conditions, while fourth-generation people can get preferred treatment only when they are single, younger than 20 and live with a parent or parents of the third generation, according to the ministry.

法務省によれば、現在、日系二世、三世の移民は一定の要件を満たせば長期間滞在し、自由に就労することができ、四世の人々は独身で、20才未満で、三世の親と同居する場合に限り、優遇された扱いを受けることができる。

|

« 연휴 마지막 날 | トップページ | 하루를 소중히 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/66235372

この記事へのトラックバック一覧です: 日系四世のための新たな就労ビザ:

« 연휴 마지막 날 | トップページ | 하루를 소중히 »