« 가끔은 | トップページ | 시간은 확실히 진행한다 »

2017/07/30

時には

ふだん、テレビを見ない生活をしているのですが、昨夜は実家に泊まったため、今朝、久しぶりにNHKのニュース番組を見ました。
その中で、北海道知床のコンブ漁を紹介していました。
その地方では、「番屋」と呼ばれる小屋で、漁師たちが夏の間だけ、生活しながらコンブの収穫をしてきたのですが、高齢化と後継者不足などによって、「番屋」の維持が難しくなり、今年の夏を最後に、そこでのコンブ漁が終了となる予定なのだそうです。
そんな中、地元の元漁師が中心となり、「番屋」を未来に語り継ごうとする姿も紹介されていました。
私はその方たちの姿に、とても感動し、刺激を受けました。
私は「番屋」という言葉も初めて聞きましたし、さらにはこのような貴重な日本の文化が消滅の危機に瀕しているということも、今までまったく知りませんでした。
テレビも、このような良質な情報を伝えてくれるのであれば、たまには見るのも悪くないと思いました。

|

« 가끔은 | トップページ | 시간은 확실히 진행한다 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/65598122

この記事へのトラックバック一覧です: 時には:

« 가끔은 | トップページ | 시간은 확실히 진행한다 »