« 季节的变化 | トップページ | 관계 단체 협의회 »

2016/08/30

人生の奇跡

 昨年の秋、ソウルで「東日本金融被害者交流集会」という集会が開催されました。
 この集会は、数年前から韓国、台湾、日本の三か国から多重債務被害の根絶を目指して運動している人々が集まり、毎年持ち回りで開催しています。
 昨年はソウルで開催されることを知った私は、ソウルでの集会に参加したい一心で昨年の春頃にクレサラ対協の国際交流部会に入会させてもらいました。
 そうしたら、昨年の夏頃に、集会の準備をされている担当者の方から「日本の保証制度の現状と課題」について報告をしてみないかとのお誘いをいただき、あまり深く考えずにお引き受けをしました。
 韓国語を勉強していた私は、せっかくの機会なので韓国語で報告をさせてほしいとお願いをし、お許しをいただきました(当日は盛りだくさんの内容かつ超過密なスケジュールのため、今思うと迷惑な申し出だったと思います・・・)。
 事前に日本語と韓国語の原稿を作成し、何度も一人で音読のリハーサルをして本番を迎えました。
 発表の時間が限られていましたので、リハーサルでは時間をはかり、与えられた時間内に報告を終えることにも気を配りました。
 練習の甲斐あって、報告は上手にできたように思います。しかし、その後の質疑応答では、韓国や台湾の方からの質問に対し、きちんとしたお答えができず、その点が反省点として残りました。
 二日目の会議終了後の懇親会では、勇気をふり絞って韓国の方が座るテーブルに日本人として一人だけ混ぜていただきました。
 韓国の方がみなさん親切にしてくださったおかげで、友達もできました。
 私という人間を知っている方はわかっていただけると思いますが、私は人と交わることが非常に苦手で、ふだん日本にいても、懇親会で知らない人に話しかけるようなことはできないのですが、そんな自分が韓国で友達を作ることができたのは奇跡です。
 そして最近始めたフェイスブックを通じて、韓国の人たちとも当たり前のように会話を交わしている自分がいます。こんなに幸せなことはありません。
 人生、何があるかわからないものですね。

|

« 季节的变化 | トップページ | 관계 단체 협의회 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/64132767

この記事へのトラックバック一覧です: 人生の奇跡:

« 季节的变化 | トップページ | 관계 단체 협의회 »