« dias normais | トップページ | 마치 장마같은 날씨 »

2016/05/09

自己破産 51

 ただ、一つ、気を付けなくてはいけないことは、この「自由財産の拡張制度」は、破産管財人が就いていることが前提とされています。ですから、同時廃止の場合は、この拡張というのは認められていないようです。自由財産を拡張するかどうかは、「破産管財人の意見を聞いて決定する」というふうにされているんですね。ですからこのケースも、少額管財事件として、20万円ぐらいの予納金を納めてあったわけですけれども、その破産管財人の意見を、裁判所が聞いたうえで、認めてくれたと、そういうことになります。
 一応、ここはそのぐらいで、さらっと、こういう制度もあります、というぐらいでいいと思います。

Here, the just one thing we must take care about is that this system requires the situation which a receiver has assumed the position. Therefore, in the case of ‘simultaneous abolition’, the enhancing is not admitted. Because in the law it is written that the court must decide whether it will permit enhancing or not after hearing the receiver’s opinion.
So, in this case, as semi-administration in bankruptcy procedure, we had paid about 200,000 yen to the court as prepayment money and the court permitted the enhancing after hearing the receiver’s opinion.
About this system I will not speak any further. Because I think it is enough for you to understand just there is such a system.

(つづく)

|

« dias normais | トップページ | 마치 장마같은 날씨 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産 51:

« dias normais | トップページ | 마치 장마같은 날씨 »