« o céu nublado | トップページ | レバネンが誘拐事件で拘束されていたオーストラリアのテレビクルーを釈放 »

2016/04/21

災害時における外国人の支援の不足によって生じる問題

Japan Todayからの引用です。

Following a series of powerful earthquakes that struck Kumamato and Oita prefectures, a serious problem has surfaced for the Japanese government: the lack of support services for foreigners and a “tendency for Japanese to take precedence” in disaster preparedness planning for many municipalities.

熊本と大分を襲った一連の強い地震によって、日本政府にとって深刻な問題が浮き彫りになった。すなわち、外国人支援サービスの不足と、多くの自治体の防災計画における日本語ないし日本人優先の傾向だ。

At most of the evacuation sites in both prefectures, there is no language guidance provided other than in Japanese.

両県のほとんどの避難所では、日本語以外の言語での案内が提供されていない。

In order to secure the safety of a growing number of foreign tourists, the government is requesting that foreigners be assigned a similar status to that of disabled persons—as people requiring special help in disaster scenarios.

増大する外国人観光客の安全を確保するため、政府は外国人が障害を負った人たちと類似の地位に割り当てられることを求めている。すなわち、災害のシナリオにおいて特別な助けを必要とする者として。

But the reality for many is a feeling of isolation as some foreigners struggle just to reach evacuation sites amid a system of faulty communication.

しかし多くの外国人にとっての現実は、彼らが誤ったコミュニケーションシステムの中で苦労の末にやっと避難所にたどり着いたときに感じる孤立感である。

Song Tham, 54, who arrived from Thailand a day following the main quake on April 17, was shocked at the state of affairs at an elementary school being used as an evacuation site in Yufu, Oita Prefecture. He said he was unable to sleep because of the cold.

4月17日の本震の一日後にタイから到着したソン・タム(54才)は、小学校が大分県由布の避難所として使われている事態に衝撃を受けた。彼は寒さのために眠ることができなかったと話した。

His family of eight had gone sightseeing at Kumamoto Castle then headed for Yufu, popular even among foreign tourists for the Yufuin Onsen hot spring.

彼の8人家族は熊本城に見学に行った後、由布院温泉で外国人観光客にも人気のある由布に向かった。

After contacting the Thai Embassy in Japan, Song was instructed to head to the evacuation site, but he could find no one who spoke English there, he said, and even asked a news reporter of a way to return to Bangkok.

駐日タイ大使館に連絡した後、ソンはその避難所に向かうよう指示された。しかしそこには英語を話せる人が誰もいなかった。そしてニュースレポーターにまで、バンコクに戻る方法を尋ねた。

Dylan Thomas, 21, who arrived from the United States on a short study abroad in March, has been using his smartphone at an evacuation site in Beppu, Oita Prefecture, to get information. He said he is afraid of returning to where he was staying near the ocean because of possible tsunami and has had to request help with translation from friends on Facebook.

3月に短期留学でアメリカから到着したディラン・トーマス(21才)は、大分県別府の避難所で情報を得るためスマートフォンを使っている。彼は津波の可能性のため海の近くの滞在先に戻るのが心配であり、フェイスブックで友人から翻訳の助けを求めなければならないと語った。

Not only are most foreign tourists unaccustomed to Japan, but there are also many who have never experienced an earthquake before.

ほとんどの外国人観光客が日本に慣れていないというだけでなく、そもそも以前に地震を経験したことがない者も多い。

In 2014, the Japan Tourism Agency created a safety guidebook for foreign tourists and requested that municipalities formulate a system to dispatch volunteer interpreters to evacuation sites. Some have taken a proactive approach to this, with disaster warning systems set to be installed in several languages.

2014年、観光庁は外国人観光客のための安全ガイドブックを作り、自治体が通訳者のボランティアを避難所に派遣するシステムを整えることを求めた。いくつかの自治体は数か国語で設置された災害警報システムを導入し、これに先取りした取り組みを行っている。

But according to one government official most of the disaster reduction plans that municipalities have put in place tend to prioritize Japanese.

しかし、ある政府の職員によると、自治体が定めるほとんどの防災計画は日本語ないし日本人を優先する傾向がある。

Ritsumeikan Asia Pacific University in Beppu has some 3,300 students from abroad, and it includes its foreign students when conducting disaster training.

別府の立命館アジア太平洋大学には約3300名の海外からの学生がいる。そしてそれは災害研修を積んでいる外国人学生を含んでいる。

Although a multi-language sheet had been prepared to facilitate communication in four different languages in the event of a disaster, it was not sufficiently put into practice this time.

災害時に四か国語でのコミュニケーションを促進するため、複数言語のシートが用意されていたにもかかわらず、それは今回、十分に活用されなかった。

Even though both Kumamoto and Oita prefectures claim to consider foreigners in their disaster preparedness plans they lack an accurate grasp of the different nationalities and the number of evacuees.

熊本と大分両県は、その防災計画において外国人を考慮することを要求しているにもかかわらず、異なる国籍と避難者の数を正確に把握していない。

Amidst a reaction toward foreigners in disasters that in many cases is insufficient, Kumamoto City International Center is an outlier. The center displays guidance in five different languages at its entrance and its staff members speak English.

災害時の外国人に対する反応に関しては、多くの場合、それは不十分であると、熊本市国際センターは述べる。
センターはその入口に五か国語での案内を掲示しており、スタッフメンバーたちは英語を話す。

About 50 foreigners, including those from China and Britain, have evacuated there. Wariul Islam, a 26-year-old research student from Bangladesh, returns temporarily to cook meals at his residence since there are limitations to what he can eat as a Muslim at the center.

中国とイギリスを含む約50名の外国人がそこに避難した。ワリウ・イスラム(26才)はバングラディシュ出身の研究生だが、食事を作るために彼の住居に一時的に戻る。ムスリムとしてセンターでは食べられる物に制限があるためだ。

But he said he feels “stress free” and secure at the center.

しかし彼はセンターではストレスが無く安全に感じると言う。

“Most foreigners have a feeling that they’re unsure if it is all right for them to go to evacuation sites,” said Tomomi Katsutani, 47, the center’s supervisor. “As much as possible, we want to deal with them in languages in which they feel no stress,” she said, pointing out that it is also necessary to have a grasp of various countries’ cultures to offer people the proper support.

多くの外国人は「避難所に行っても大丈夫かという新たな不安」の感情を抱いていると、センターの管理者であるカツタニトモミ氏(47才)は言う。できる限り、私たちは彼らがストレスを感じない言葉で彼らと対応したいと彼女は言う。彼女は人々に適切な支援を行うためには様々な国の文化の把握も必要であると指摘している。

With its target of attracting 20 million inbound tourists by 2020 already ahead of schedule, the government recently announced it has doubled the goal to 40 million. But it appears work is still needed to support foreign visitors during disasters.

2020年までに2000万人の観光客を呼び寄せようというその目標とともに、すでに予定を前倒しし、政府は最近その目標を二倍の4000万人とすることを発表した。しかし災害時に来日外国人を支援するための仕事がまだ必要とされているようだ。

“We will have to do a thorough investigation into this earthquake,” said a top official from the Japan Tourism Agency, adding that the agency hopes to appeal to municipalities and disaster prevention administrators in other government agencies to do more.

「私たちはこの地震に対するしっかりとした調査をしなければならないだろう。」観光庁のある高官は言う。彼は観光庁は自治体と他の政府の庁の防災管理者にさらなる行動を要請したいと付け加える。

|

« o céu nublado | トップページ | レバネンが誘拐事件で拘束されていたオーストラリアのテレビクルーを釈放 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/63515720

この記事へのトラックバック一覧です: 災害時における外国人の支援の不足によって生じる問題:

« o céu nublado | トップページ | レバネンが誘拐事件で拘束されていたオーストラリアのテレビクルーを釈放 »