« 個人再生 37 | トップページ | 이제 만개 »

2016/04/06

自己破産 38

 で、「自由財産の範囲」というのは前回、言いましたとおりで、現金であれば99万円までというふうに認められているんですが、それ以外の財産ということになると、まあ概ね20万円程度というようなことになっていまして。
 で、過払い金はどういうふうに扱われるかなんですけれども、破産の申立ての前に回収した過払い金が、まあ純粋に現金だ、というふうに考えれば、99万円まではいいということになるんですけれども、その辺は裁判所によっても取扱いが異なるようで、諏訪の裁判所がそのへんをどういうふうに考えているのかというのは、私もよくわかりません。もうそこは裁判所に委ねるしかないというふうに思っています。

I explained about ‘range of free assets’ last time.
Bankruptcy Law is permitting for you to have cash of 990,000 yen as free asset.
The assets excluding cash are permitting to have about the value of 200,000 yen.
How should we think about the money paid too much ?
If you think it is cash, you can have it to 990,000 yen, but the treatment sounds different between the Courts, so I think we must follow the court about the treatment.

(つづく)

|

« 個人再生 37 | トップページ | 이제 만개 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産 38:

« 個人再生 37 | トップページ | 이제 만개 »