« 再出発 | トップページ | 個人再生 26 »

2016/03/04

自己破産 26

 続きをいきます。平成20年3月20日ですね。「申立書の提出」というところは、今言った書類を裁判所の受付へ持っていって、「お願いします」と言って出せばいいということですね。で、私はあんまりしませんが、郵送でもいいとされています。まあ、慣れるまでは郵送というのはやめたほうがいいと思います。裁判所の人に顔を覚えてもらうという意味もあるので、持っていって、出すと。もちろん、自分が行かなくても、補助者でもいいです。慣れてくると、その場でもう、「ああ、わかりました、じゃあ、お預かりして、何かあれば、また連絡しますね」と言って、簡単に受け取ってもらえるようになります。ですが最初からそういうわけにもたぶんいかないと思うので、最初は申立書を出して、そこでこう、いろいろ、裁判所の人に教えてもらいながら、その場でちょっと直したりとかっていうことも、最初のうちは必要かもしれません。
 で、申立書を出して、予納金は、今までは、その日、その場で納めてくることが多かったんですが、最近、裁判所の事件が増えてきて、なかなかその場で内容をチェックして予納金までっていうふうに、やってもらうのが大変な状況になってきて、最近は、その場で予納金を納めずに、一回私の場合は帰ってきて、後から、予納金の納付書を裁判所の人が事務所へ送ってくれて、その納付書で納める、みたいなやり方をとることが多いです。まあ、それもいろいろやってみたらいいと思いますね。その場でどうしても納めたいと言えば、納めさせてくれるだろうし、「今はちょっと・・・」って言われたら、「じゃあ、後で納めたいので」っていうふうに話しをしてくればいいわけですね。
(つづく)

|

« 再出発 | トップページ | 個人再生 26 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産 26:

« 再出発 | トップページ | 個人再生 26 »