« 過払い金請求 28 | トップページ | 個人再生 17 »

2016/02/11

自己破産 17

 それから、その次の最後のですね、「家計全体の状況」という、同じのが2枚ついているんですが、ここも重要です。ここがまず書けないんですね。ちゃんと書けている人は少ないです。ここは、ちゃんと書けてないと裁判所から突き返されてしまうので、ちゃんと書いてもらう必要があるんですが、ちゃんと説明しても、うまく書けないで持ってくる人が多いので、私たちもお話しを聴きながら補ってあげる部分ですね。ここは収支のバランスが取れてないとどうしようもないので、二か月分の状況、申し立てを例えば12月にするとすれば、直前の二ヶ月ですから、10月分と11月分を書くわけです。申し立ての直前の二ヶ月分の状況を書くわけで、これは、単純に、ありのままに書けばいいです。いろいろ細工せずに、10月は、収入がどれだけあったのか、支出はどれだけあったのか、11月はどうだったのか、単純に書き出す。収入っていうのは比較的わかりやすいです。自分の給料、家族の給料、単純に書けばいい。支出のほうは、家賃とか、電気代、ガス代、水道代とか、そういうのはだいたいわかりますよね。通帳から落ちてるとかっていうケースが多いので、見て書けばいい。ところが、食費とかそういうのはなかなか正確に把握できてない人も多いので、まあその場合はだいたいの金額を書くしかないですね。食費はだいたい5万ぐらいとか、6万ぐらいとか、っていうふうに書くしかないと思います。あとはなるべく正確に書ける部分は正確に書いてもらって、ということですね。ここはそんな感じ。
 そういうふうにして、記入をひと通り、してきてくださいねって言って、送り出すわけですね。
(つづく)

|

« 過払い金請求 28 | トップページ | 個人再生 17 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自己破産 17:

« 過払い金請求 28 | トップページ | 個人再生 17 »