« 丁寧に | トップページ | 추운 정도 »

2015/08/19

債務整理入門 14

 それからその下の、「認定司法書士は法テラスとの相談登録契約、受任者契約、受託者契約をぜひ」ということ。これも本会事務局へ。これは何かといえば、さっき、ちょこっと触れましたが、今、法律扶助を各事務所で窓口になって行うためには、法テラスと契約を結んでおく必要があるんです。この契約は難しいものじゃなくて、ただ申込書を出すだけです。これも、この資料の後ろのほうに一応付けましたが、多少、取扱いや、やり方もあると思うので、とりあえず本会の事務局へ、電話してもらえばいいと思います。来週の早々にでも本会の事務局へ電話していただいて、「法テラスとの相談登録契約、それから受任者契約、受託者契約を結びたい」というふうに言ってください。そうすれば事務局でやってくれますので、ぜひやってください。それをやらないと法律扶助の申込みは事務所でできませんので、ぜひやっていただきたいと思います。法テラスとの契約については、現状では、認定司法書士じゃないとできない部分もあったと思います。ただ、書類作成援助だけは、認定司法書士以外の方でもできます。ですから、少なくとも書類作成援助を行うためにも、「受託予定者契約」だけは結ぶ必要があるので、認定司法書士以外の方でも、ぜひ、法テラスとの契約、全部は結べないんですけれども、書類作成援助を行うための契約というのがありますから、それだけはぜひ、結んでいただいたらよろしいかと思います。
 それから最後の「認定司法書士は労働金庫の多重債務問題改善ネットワークへの登録を」と。労働金庫で今、こういうネットワークを構築しようということで、政府の要請を受けて、労働金庫としてネットワーク作りをしようということで、本会に協力要請がきて、ろうきんへ、クレサラ受託可能な司法書士の名簿を出してくれということが言われてきています。今も出してあるんですが。これは、数年前にそういう要請があって、現状も出してあるんですけれども、ここでまたあらためて要請があったので。もう一回あらためて募集するということで、この間の本会からの通知の中に入ってました。ですので、そこに、登録申込書というところにお名前を書いて、本会へFAXしてください。要は、自分たちのためにやるというよりも、市民のために、困っている人のために、窓口を開くという意味で、ぜひ積極的に、こういう名簿などへの登録もしていただきたいということですね。
 私からは以上になりますが、何かご質問とかあれば、なんでもけっこうですので、受けますが・・・。よろしいですかね。じゃあ、また、次回以降のご案内を差し上げますので、ぜひ、みなさん、多数のご参加をお願いしたいと思います。ご静聴ありがとうございました。
(了。各論へつづく)

|

« 丁寧に | トップページ | 추운 정도 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 債務整理入門 14:

« 丁寧に | トップページ | 추운 정도 »