« 어렵지만 재미있다 | トップページ | 消費者被害解決事例報告 2 »

2014/09/17

消費者被害解決事例報告 1


長野県司法書士会 消費者問題専門委員会「最近の消費者被害解決事例の報告」
平成18年11月11日 報告者 小口一成

 諏訪支部の小口です。私の方からは、最近の消費者被害解決事例の報告をさせていただきます。資料はお配りしてあるもののとおりにしたがって進めていきたいと思いますが、11時半くらいまでの時間で話したいと思います。
 最近の事例をちょっと調べてみたら、こんなようなものがあったので、内容証明を出したり、いろいろやって、それなりにこう、形に収めてきているっていう程度の話なんですけれども、果たしてその、これらのやり方が一番よかったかっていうのは、自分でもちょっと自信がありません。ですので、これがベストということじゃなくて、一応まあこういうやり方をした、という程度に考えていただきたいと思います。ですので、鵜呑みにしないで、内容証明なんかもいろいろ出してるんですけれども、例えば似たような事例にみなさんがぶつかったときに、これをまあ、参考にはしていただいていいと思うんですけれども、そのまんま写して出したりすると、思わぬ目にあったりすることもあるかもしれませんので、単なる参考程度にしていただきたいと思います。事例を5つ、ご紹介したいと思うんですれども、時間があまりないので、簡単になってしまうと思いますので、その辺をご了承ください。
 まず、事例1からいきたいと思いますが、一枚目に概要が書いてあるんですけれども、電話勧誘による資格講座商法というやつです。で、これがまあ、ちょっとかなり特殊な事例みたいな感じで、職場にけっこう電話がじゃんじゃんじゃんじゃん来てて、過去に行政書士かなんかの講座を申し込んだことがあって、それが終わっているのにまだ終わってないのなんのかんのとかっていう形で、いろいろまあ来てて、ぐしゃぐしゃになっていたっていうことです。で、違法な勧誘だったので、警告書を送付して、さらに、契約書も何もない、内容がよくわからない、という感じだったので、とりあえずクーリングオフの主張なんかをしながらやっていって、それなりに収まったというか解決したということなんですけれども。
 ちょっと資料のほうを見てください。下のほうに手書きで1から56までふってありますが、そのページ番号と、一枚目の事例の後ろに括弧して資料1から9とかってふってありますけど、それが対応しています。つまり事例1が資料1から9、事例2が資料10から21というような感じで対応しているということです。
 で、事例1、まあ1ページということなんですけれども、すごく汚い字ですみません。私の字なんですけれども、こんな感じで聴きながら整理してったっていうものなんですね。それでもちょっと読んでみると、
「1、過去に電話勧誘に応じて契約を何回かしていた」と。これはもう、支払い済みになっているっていうのがありました。それが行政書士の講座とかそういうものでした。
で、2としてエイチ・ティー・コア・システムとかっていうところと平成15年12月に電話勧誘があって、16年4月頃に契約書を書いて送ったことがあって、内容はよくわからない。総額は24万円、月々2万円ずつ、払っているのか払わなきゃいけないのか、ちょっと忘れてしまいましたが、書類がなかったと。
 3、アセントっていうところ。これもおんなじです、みんな。16年6月、行政書士教材一式。総額40万。これはタイヘイのクレジットの審査が下りなかったので、一括で払ってくださいな、みたいなことを販売店から言われて5万円払っちゃってあったとそんな感じ。
 4でソピアーというところ。16年8月6日。これは、以前の通信講座のまとめが必要なんで、その資料代を請求されて、とかそんな感じ。1万円払っちゃってあると。
 5、日本ビジネス教育株式会社。これも以前の通信講座のまとめとして、何か、契約みたいなことをしているらしいと。
 で、6として、これは振込先は関東信販になっているんだけども、35400円振り込んで、その後、17700円、20000円、23000円というふうに振り込んでいて、括弧の中で、16年2月頃にエル・エー・ジェイから電話勧誘があって、過去の分のまとめとして教材を勧められて契約した。で、関東信販で口座引き落としをしてってもらう、みたいな話しになっているらしいということです。よくわからなかったんですけれどもそんな感じ。
 で、7としてGBA、ゼネラル・ビジネス・アドミニストレーションというところが、16年7月に電話勧誘がありまして、これも過去のまとめをするという話で教材の購入をさせられて、契約書を書いて送った。
 というまあ、こんなようなもの。よくわからないんですよ。
 で、次のページを見てください。その中で、アセントというのがありましたけど、今の番号でいうと3というところなんですけど、アセントのをちょっとピックアップしてきまして、もうちょっと詳しくそこに書いたんですが、「16年6月頃にアセントというところから会社に電話があった」と。で、「同じような説明の後、」同じような説明っていうのは、過去に講座の契約をしてて、それがまだ済んでないのでっていうそういう説明。「書類が送られてきて、記入をして、返送した」と。で、そうしたところがアセントから、「クレジットの審査が通らないので一括払いになります」というふうにいわれたと。で、「一括は無理です」と答えたところ、「じゃあいつまでだったら払えるのか」と聞かれて、「ボーナスでも払いきれない、ボーナスが出るかどうかもわからないので、払えない」といったところ、「とりあえずじゃあ7月末までに5万円だけ振り込んでください」といわれてそのとおりにしたと。で、7月26日に5万円を振り込んだらしいんです。で、8月になって、そのアセントから電話があって、「ボーナスは出ましたか」というようなことを聴かれて、「8月31にこちらから電話します」と伝えたきり、そういう状態になって相談にきたということなんですね。
(つづく)

|

« 어렵지만 재미있다 | トップページ | 消費者被害解決事例報告 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 消費者被害解決事例報告 1:

« 어렵지만 재미있다 | トップページ | 消費者被害解決事例報告 2 »