« マレーシアの裁判所が麻薬密売容疑の日本人女性に対して下した死刑判決について | トップページ | Robin Hood tax の導入について »

2011/11/02

国際離婚後の子の親権をめぐる法廷闘争

Japanese ex-wife was arrested in U.S. on accusations she took her daughter with a Nicaraguan ex-husband back to Japan without permission.

ニカラグア人の元夫との間に生まれた娘を、許可なく日本へ連れ帰った容疑で、日本人の元妻がアメリカで逮捕された。

They have custody disputes over the child ongoing in both Japan and the U.S.

彼らは日本とアメリカの両国内において、その子の親権をめぐって争っている。

It's unusual for a Japanese national to be arrested abroad during a custody dispute with a foreign ex-partner.

外国人の元配偶者との間で子の親権を争っている最中に、日本人が海外で逮捕されるのは異例である。

She married and bore the child in 2002. She lived in the U.S., but in 2008 she returned to Japan with the child.

彼女は2002年に結婚し、子を出産。アメリカで暮らしていたが、2008年に子とともに日本へ帰国した。

In 2009 they were divorced, but the father was given custody rights.

2009年、彼らは離婚したが、夫に子の親権が与えられた。

She went to court in Japan to have the custody rights changed, and in March this year the court awarded them to her.

彼女は日本の裁判所に親権の変更を申し立て、今年の3月、裁判所は彼女に親権を与える決定を下した。

The court also gave the father just 30 visitation days a year in the U.S.

裁判所はさらに、子の父に対し、アメリカでの年間30日の接見を認めた。

Then both sides appealed the ruling and the case is being deliberated at the Osaka High Court.

その後、当該裁判所の決定に対し、両当事者が不服を申し立てたことにより、現在訴訟が大阪高等裁判所に係属中である。

She flew to the U.S. on April 2011 to renew her permanent U.S.resident status.

今年4月、彼女はアメリカでの永住資格を更新するため、アメリカにわたった。

But she was arrested there for violating the father's custody rights by taking the child to Japan without permission.

しかし、彼女はそこで、子を許可なく日本に連れ帰ることにより父親の親権を侵害したとして、逮捕された。

The trial is ongoing in Wisconsin, and she remains in custody.

その裁判が、ウィスコンシンで係属中であり、彼女は今も勾留されている。

Japanese international marriages since 1992 show a peak in 2006 of around 44700, after which they have been declining to 32000 in 2010.

1992以降、日本人の国際結婚は増加を続け、2006年に約44700件とピークを記録したのち、減少に転じ、2010年は約32000件となっている。

But Japanese international divorces have increased, peaking at about 19400 in 2009.

一方、日本人の国際離婚は増え続けており、2009年には過去最高の約19400件にのぼっている。

International divorces are accompanied by differences in national law etc. Therefore it's difficult for us to resolve the problem.

国際離婚は、両当事者の国内法の相違などの諸問題を伴う。それゆえ、解決が難しい問題である。


管理人のホームページはこちらです。
   ↓
長野県松本市 小口司法書士事務所

長野県松本市 アミーゴ行政書士事務所

|

« マレーシアの裁判所が麻薬密売容疑の日本人女性に対して下した死刑判決について | トップページ | Robin Hood tax の導入について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/53144886

この記事へのトラックバック一覧です: 国際離婚後の子の親権をめぐる法廷闘争:

« マレーシアの裁判所が麻薬密売容疑の日本人女性に対して下した死刑判決について | トップページ | Robin Hood tax の導入について »