« for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために | トップページ | Dog saved 2 lives 二人の命を救った犬 »

2011/11/30

Jap gvt's responsibility for act of US military officer 米軍人の行為に対する日本政府の責任

Yokohama District Court ordered a former US Navy civilian employee to pay damages to relateves of a Japanese man.

横浜地方裁判所は、一人の元米軍属に対し、ある日本人男性の親族への損害賠償を命じました。

The Japanese man died after being pushed over by the defendant outside a bar near the US Navy Yokosuka base in 2006.

その日本人男性は、2006年、米海軍横須賀基地付近のバーの外で、被告人によって押し倒された後、死亡しました。

The court exempted Japanese gvt. from paying compensation on the ground that the acts by the defendant were't related to his official duty.

一方、同裁判所は、被告人の行為は、公務との関連がなかったとして、日本政府の損害賠償義務については認めませんでした。

Special civil law, based on the Jap-US status of forces agreement, stipulates that Jap must pay compensation over damages incurred by US military officers or civilian employees in Jap "while on duty".

日米地位協定に基づく特別民法は、日本国内において、米軍人または軍属により、その勤務中に引き起こされた損害について、日本政府は賠償の義務を負うと規定しています。

The focus of the suit was on whether Jap gvt is responsible for the acts of off-duty US military officers.

この訴訟の争点は、米軍人の勤務時間外の行動に対して、日本政府が責任を負うかという点でした。

The plaintiffs had insisted that the officers are under supervision of the military even if they are off duty.

原告らは、軍人らは、たとえ勤務時間外であっても軍の監督下にあると主張していました。

As a result, the court rejected their claim to Jap gvt. I want to know in detail the reasons why the court concluded such.

結果として、裁判所は原告らの日本政府に対する請求を認めませんでした。私は、裁判所がそのような結論を下した理由を詳しく知りたいと思います。


管理人のホームページはこちらです。
   ↓
長野県松本市 小口司法書士事務所

長野県松本市 アミーゴ行政書士事務所

|

« for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために | トップページ | Dog saved 2 lives 二人の命を救った犬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/53370078

この記事へのトラックバック一覧です: Jap gvt's responsibility for act of US military officer 米軍人の行為に対する日本政府の責任:

« for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために | トップページ | Dog saved 2 lives 二人の命を救った犬 »