« end of lawsuit with reconciliation between nurse and hospital 看護師と病院の訴訟が和解で終結 | トップページ | for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために »

2011/11/28

a great man ある偉大な男

I was moved to read an article about a professor who has large swelling and brusing caused by a rare disease.

私は、難病により大きな腫れとあざのある、一人の教授に関する記事を読んで、感動しました。

Professor Teruaki Fujii is visiting schools around Japan, talking to children about his experience with bullying.

藤井輝明教授は、自らが受けた、いじめの体験について、子供たちに話すため、日本中の学校を訪れています。

At a presentation in front of children, he said "Today I am very happy." He was all smiles.

ある講演会で、子供たちを前にして、彼は笑いながら言いました。「今日、私はとても幸せです。」

"World population will soon reach 7 billion. Wondering how many of those people I can meet in my life, I'm happy I can meet you all now."

「世界の人口はまもなく70億人に届きます。私の残りの人生で、あと何人の人に出会えるかと考えると、私は今あなたたちみんなに会えて幸せです。」

He developed cavernous hemangioma, a rare disease involving swelling of the blood vessel walls, when he was 2.

彼は、二歳のときに、血管の壁に腫れができる難病の「海綿状血管腫」を発症しました。

It causes bruising and bumps primarily from the neck up, and there are said to be around 20000 cases in Japan.

この病気は、主に、首から上にあざとこぶができるもので、日本に約20000件存在すると言われています。

He said "Many people who have the same disease as me don't like to go outside because they are stared at or badmouthed."

彼は言いました。「私と同じ病気を持つ多くの人々は、外出することを好みません。なぜなら、彼らはじろじろ見られたり、悪口を言われたりするからです。」

"'You're gross,' 'Don't get near me or I'll catch it,' 'Monster' ... I had lots of nasty things said to me. It was hard."

「気持ち悪い、近くによるな、移る、怪物、など、私はたくさんの汚い言葉を浴びせられました。それはつらかったです。」

"When I asked why they said such things, they wouldn't tell me."

「なぜそのようなことを言うのか尋ねても、彼らは何も言いませんでした。」

When he grew older, his swelling worsened, accompanied by intense pain and a risk of bursting blood vessels.

成長するにつれて、彼の腫れは強い痛みと血管破裂の危険を伴い、悪化しました。

But he has decided to make that swelling his "trademark".

しかし彼は、その腫れを自分のトレードマークにすることを決めました。

"It's because of my swollen face that I became a star. I don't get depressed or agonize over the fact that no one else has a face like me."

「私がスターになれたのは、この腫れのおかげです。私は、ほかの誰もが私のような顔をしていないことについて、落ち込んだり、悩んだりしません。」

"Let's live with pride and confidence about our faces." he said to the children.

「自分の顔について、誇りと自信を持って生きていきましょう。」彼は子供たちに語りました。

"In bullying, it is 100% the bully who is at fault. Don't pretend you don't see it, and have the courage to stop it."

「いじめにおいては、100%、悪いのはいじめる側です。見て見ぬふりはやめよう。そしていじめを止めさせる勇気を持とう。」

"Those who bully are weak. It is those who withstand it that are strong." he said.

「いじめるのは、弱い人です。それに耐えるのが、強い人です。」彼は言いました。

"The message I want to give is: Don't bully, and hold your friends dear."

「私が伝えたいメツセージは、『いじめるな、愛する友達を持とう』です。」

After that, the children came to touch his face one-by-one.

そのあと、子供たちは一人ずつ、彼の顔に触れにきました。

Some were fearful at first, but they smiled after touching his cheek and getting a hearty handshake from him.

最初は怖がっていた子供たちも、彼の頬に触れ、彼から心のこもった握手をしてもらうと、微笑みました。

As the children waved and left the room, he called out, "We're friends now, so let's meet again!"

子供たちが手を振りながら部屋を出ようとするとき、彼は呼びかけました。「僕たちはもう友達だ。また会おうね。」

He has visited some 1500 schools until now. In this year, he published his first picture book, "Teruchan no Kao"(Teru's face).

彼はこれまでに、約1500の学校を訪れました。今年、彼は初めての写真集「テルちゃんの顔」を出版しました。

The book depicts his life from birth with the disease to overcoming bullying with the help of his parents' encouragement.

この本は、彼が病気ともに生まれてから、両親の励ましに助けられて、いじめを克服するまでの彼の人生を描いています。

"My parents didn't only say 'We support you,' they showed it through their actions," he says.

「私の両親は、『助ける』と口で言うだけではなく、それを行動で示してくれました。」彼は言います。

"I think that the most effective way parents can support their children is by patiently reading and studying themselves and letting their children see that," he said.

「私は、親がわが子を支えることができるもっとも効果的な方法は、親自身が辛抱強く読み、学ぶことと、その姿を子に見せることだと思います。」彼は言いました。

I respect him, and I want to be a man and a father like him.

私は彼を尊敬します。そして、彼のような男に、父親に、なりたいと思います。


管理人のホームページはこちらです。
   ↓
長野県松本市 小口司法書士事務所

長野県松本市 アミーゴ行政書士事務所

|

« end of lawsuit with reconciliation between nurse and hospital 看護師と病院の訴訟が和解で終結 | トップページ | for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/53354620

この記事へのトラックバック一覧です: a great man ある偉大な男:

« end of lawsuit with reconciliation between nurse and hospital 看護師と病院の訴訟が和解で終結 | トップページ | for foreigners working in Japan 日本で働く外国人のために »