« ヤミ金融撃退マニュアル 10 | トップページ | ヤミ金融撃退マニュアル 12 »

2008/11/04

ヤミ金融撃退マニュアル 11

第4 被害の回復

1 被害回復分配金の請求による場合

 ヤミ金融や振り込め詐欺の被害に遭い、振り込んでしまったお金を取り戻すための手続きについて定めた新しい法律(いわゆる「振り込め詐欺救済法」)ができました。詳しい手続きについては、「預金保険機構(よきんほけんきこう)」のホームページの「振り込め詐欺救済法に基づく公告」(http://furikomesagi.dic.go.jp/)を参照してください。
 現実の対応としては、ヤミ金融に振り込んでしまったお金を何とかして取り戻したいという方は、ふだんから上記ホームページの公告をまめにチェックしておくことをお勧めします(例えば毎日、あるいは毎週1回はチェックするというふうに決めて)。キーワード等による検索機能もついているようですので、預金口座のチェックは簡単に行うことができます。
 そして、自分がヤミ金融からの指示でお金を振り込んでしまった預金口座が公告に掲載された場合には、決められたスケジュールと手続きにしたがって、被害回復分配金の請求を行うことができます(前述の金融機関への情報提供を自ら行っていなくとも、他の被害者からの情報提供等によって該当の預金口座が公告に掲載される可能性がありますので、その意味でも公告の定期的なチェックは重要です)。
 司法書士や弁護士を代理人として請求することもできますが、被害に遭われた本人が直接請求することも可能です。
 被害者あるいは相談者がインターネットを閲覧できる環境にある場合には、上記手続きについて説明してあげるとともに、上記ホームページの公告を定期的にチェックするよう助言してあげるとよいでしょう。
(つづく)

↓管理人のホームページはこちらです。
長野県 松本市 小口一成司法書士事務所

|

« ヤミ金融撃退マニュアル 10 | トップページ | ヤミ金融撃退マニュアル 12 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59441/43006610

この記事へのトラックバック一覧です: ヤミ金融撃退マニュアル 11:

« ヤミ金融撃退マニュアル 10 | トップページ | ヤミ金融撃退マニュアル 12 »